読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルスタックエンジニアを目指して

いろいろやってみるブログ

Powershellスクリプトの実行ポリシーを変更する

目次

  • 目次
    • はじめに
    • 設定方法
続きを読む

Dockerでオリジナルプロキシコンテナを作成する

Dockerでオリジナルプロキシコンテナを作成する

目次

  • Dockerでオリジナルプロキシコンテナを作成する
  • 目次
    • はじめに
    • ホストマシンの作成(Vagrant利用)
    • Dockerコンテナの構築
続きを読む

PlantUMLでフロー図を書いてみる

はじめに

楽に、スクリプトのフロー図(アクティビティ図)をかける方法がないかなと思い、PlantUMLを試してみました。
ExcelとかVisioなどのOffice系ソフトや、Drow.ioやCacooなどのオンラインアプリも試しましたが、結局体裁を自分で整えなければ行けないのでしっくりこず。
PlantUMLなら、テキストでフローを書けば、自動で図に変換してくれるので体裁を整えるという動作が不要になり、今のところ一番しっくり来ています。

インストール

JAVA

PlantUMLを使うには、JAVAが必要です。以下からダウンロードし、インストールしておきましょう。

https://java.com/ja/download/

Graphviz(dot)

PlantUMLだけでは、シーケンス図しかかけないそうです。以下のリンクから、Graphviz(dot)をダウンロードし、インストールしておきましょう。

http://www.graphviz.org/

Atomパッケージ

以下、2つのパッケージをインストールします。

  • plantuml-viewer
  • language-plantuml

Atomで[Ctrl+,]を押下、[Install]から検索Boxに上記パッケージ名を入れてインストールしましょう。

apmで入れる場合は、以下の通り。(※インストール後、Atom再起動が必要でした。)

apm install plantuml-viewer
apm install language-plantuml

インストール後、plantuml-viewerの設定画面で、CharsetUTF-8を入力します。
また、Graphviz Dot Executableに、dot.exeのフルパスを入力します。(例:C:\Program Files (x86)\Graphviz2.38\bin\dot.exe)

フロー図作成

@startuml@endumlで囲った中に、情報を記載していきます。

チートシートは、こちらが参考になります。

http://qiita.com/ogomr/items/0b5c4de7f38fd1482a48

実際に書いてみるとこんな感じ。

@startuml

(*) -down-> "Status Check"
if "Status?" then
  ->[NG] "exit"
else
  -down->[OK] "echo 'Status OK!'"
endif
"echo 'Status OK!'" -down-> (*)

@enduml

f:id:naoto408:20161211172424p:plain

ちなみに、Viewウィンドウの中はドラッグしたり、マウスホイールでぐりぐりしてやると動かせます。

まとめ

これで、体裁を考えなくて良くなりました。日々の業務って、意外とこういう体裁を整えるところに時間取られてしまいますよね。

参考

http://qiita.com/nakahashi/items/3d88655f055ca6a2617c http://qiita.com/ogomr/items/0b5c4de7f38fd1482a48 http://plantuml.com/activity-diagram-legacy

ドットインストールの git入門 やってきた

はじめに

  • Gitをドットインストールで勉強してきました。
  • エンジニアのはしくれだし、Gitでバージョン管理やってみたい。

目次

  • はじめに
  • 目次
  • #02 バージョン管理の流れを理解しよう
    • Gitとは
    • Gitの状態
  • #03 gitの設定をしよう
    • 実習環境
    • ユーザ名、メールアドレスの設定(必須)
    • 色つけの設定(推奨)
    • 設定の一覧表示
    • ヘルプ表示
  • #04 初めてのコミットをしてみよう
    • 作業ディレクトリの作成
    • ファイルの作成
    • ステージングエリアへアップする
    • リポジトリへコミットする
    • コミットの履歴(ログ)を参照する
  • #05 gitのログを見てみよう
    • commit 行
    • Author/Date 行
    • コミットメッセージ
    • 便利なオプション①: --oneline
    • 便利なオプション②: -p
    • 便利なオプション③: --stat
  • #06 現在の状態を把握しよう
    • ファイルの編集
    • ファイルの状態確認
  • #07 差分を確認してみよう
    • ファイルの編集
    • 状態を確認する
    • 差分を確認する
    • ステージングエリアにアップする
    • ステージングエリアにアップされたファイルの差分を確認する
  • #08 gitでのファイル操作について
    • カレントディレクトリ配下のファイルをすべてステージングエリアにアップする
    • Gitの管理下にあるファイルの移動/削除
  • #09 git管理に含めない設定について
    • .gitignore
  • #10 直前のコミットを変更する
  • #11 過去のバージョンに戻ってみよう (1)
    • git reset コマンド
  • #12 過去のバージョンに戻ってみよう (2)
    • 最新コミットに戻す
  • #13 ブランチを使ってみよう
    • ブランチの切り替え
    • ブランチでファイル編集
    • masterブランチのlogを確認
  • #14 ブランチをマージしてみよう
    • マージする
    • 不要なブランチを削除する
    • マージ済みのブランチ一覧を確認する
  • #15 マージの衝突を解決してみよう (1)
    • バージョンの初期化
    • ブランチを作成する(checkoutコマンドを利用)
    • hogehogeブランチでファイルを編集する
    • masterブランチでファイルを編集する
    • マージする
  • #16 マージの衝突を解決してみよう (2)
    • 状態確認
    • ファイルを修正する
    • ファイルをコミットする
    • logを確認する
    • statusを確認する
  • #17 タグを使ってみよう
    • バージョンの初期化
    • ファイルの編集 -> コミット
    • 直近のコミットにタグをつける
    • コミットを指定してタグをつける
    • タグを削除する
  • #18 エイリアスを使ってみよう
    • aliasの設定
    • 設定の確認
    • aliasを使ってみる
  • #19 はじめての共同作業
  • #20 共有リポジトリにpushしてみよう
  • #21 リポジトリの内容を共有してみよう
  • #22 共有時のトラブルを解決する
  • まとめ
続きを読む

ドットインストールの Docker入門 やってきた

はじめに

  • Dockerをドットインストールで勉強し直してきました。

目次

  • はじめに
  • 目次
  • #03 Dockerをインストールしよう
  • #06 Containerを操作してみよう
  • #07 実行中のContainerを操作しよう
  • #08 ContainerからImageを作ってみよう
  • #09 Dockerfileを使ってみよう
  • #10 Webサーバーを立ち上げてみよう
  • まとめ
続きを読む

VagrantでVM起動エラー

はじめに

Vagrant upでVMを起動しようとするとエラーが発生して起動できませんでした。その対処法を記載します。

  • はじめに
  • エラーの内容
    • エラー内容を読み解いてみる
  • 対処方法
  • 結果
  • まとめ
続きを読む

PaloaltoでAD情報を取得できているか確認する

運用終了したスクリプトですが、備忘としてメモ。

続きを読む