読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルスタックエンジニアを目指して

いろいろやってみるブログ

Evernoteが致命的エラーで起動しない場合の解決方法

Evernoteが起動しなくなった場合の対処方法をまとめました。

■方法1

1.Evernoteを削除

2.ローカルファイルを削除

ローカルフォルダは以下の通り(Windows8.1)

  • C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\Evernote
  • C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\LocalLow\Evernote

隠しフォルダになっているので「表示」タブにある「隠しファイル」のチェックを入れてフォルダが表示されるようにする。

3.Evernoteを再インストール

 

ちなみにC:\ユーザー\ユーザー名\AppDataにはRoaming、Local、LocalLowというフォルダが存在するが、それぞれの役割は下記の通り。

  • Roamingは「ユーザー」の設定を保存するフォルダ
  • Local, LocalLow は「PC」の設定を保存するフォルダ

ちなみにLocal、LocalLowというフォルダの違いは以下とのこと。

  • LocalはOS全体が自由に扱えるフォルダ
  • LocalLowは特定のアプリケーションが利用するフォルダ。アプリケーションはその境界を越えて他のフォルダにアクセスすることはできない。

つまりLocalLowフォルダはインターネットなどの外部から実行される可能性のあるアプリケーションが使用するフォルダで、利用できる範囲を制限することでセキュリティを保っているということですかね。

 

以上で解決できるはず。

 

■方法2(特定の記事がエラーの原因となっている場合)

1.立ち上がった瞬間、画面を最小化(タスクトレーに収納

2.右クリックして「同期」する

3.同期完了後、Webからログインしエラーになっている記事を削除

 

■参考記事

Evernoteが致命的エラーで起動しない場合の解決方法

Evernoteの致命的なエラーから回復した方法(備忘録) | Marsyの徒然日記

» ユーザーフォルダの「Roaming」「Local」「LocalLow」の違いについて おのでらの創作日記 in ソーサリーフォース