おれさまラボ

インターネット技術を中心に、実際に手を動かして理解を深めるブログ。

Inkdrop を試してみました。

はじめに

Inkdrop は、洗練されたメモツールです。以前から気になっていたので試してみました。

トライアル

60日間のトライアルが利用できます。会員登録したくない場合はデモ版が用意されています。デモ版はかなり制限が激しいですが、トライアル版はクラウドSyncも含め利用できるのでおすすめです。

インストール

デモ版はトップページから、トライアル版は会員登録後、ダウンロードページが現れますので、そちらからダウンロードします。

Windowsの場合は、Zip版とインストーラ版の2つが選択できますのでどちらかを選択してインストールします。

なお、どちらも起動すると%Appdata%配下にInkdropディレクトリが生成され、そこにコンフィグファイルなどが格納されるようになっていました。Zip版をダウンロードして、消したくなった場合にはファイルが%Appdata%配下にも残っていますので注意してください。

ファーストインプレッション

メモの新規作成もストレスがないし、タグ付けも可能、検索もできるし、クラウド同期もできて、フォルダ分けもできるという結構神がかったソフトウェアです。もちろん Markdown で書くことができます。プレビュー画面は、切り替えだけでなく、2ペイン表示もできます。

正直、かなり使いやすかったです。

おわりに

ただ、残念ながら、私の会社の環境では Config にプロキシサーバを登録してログインまでは成功しましたが、Sync がうまく行きませんでした。なにかしら方策があるのかもしれませんが、一旦導入見送りです。使いやすいだけに残念。