おれさまラボ

インターネット技術を中心に、実際に手を動かして理解を深めるブログ。

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト の模擬試験を受けてみた

はじめに

業務ではネットワーク、インフラ周りをやっていますが、そろそろAWS周りも飲み込んでやろうと野心が生まれてきましたので、AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト の資格を取得しようと勉強をはじめました。一通り、参考書も読み終わったので、今後の学習計画を立てるためにも模擬試験を受験してみました。

模擬試験の受け方

模擬試験の受験方法が意外と検索してもヒットしなかったので、やり方を残しておきたいと思います。 受験料は2,000円なので、受けておいたほうが良いと思います。 問題数は25問/30分でした。(本番は65問/130分)

f:id:naoto408:20190429112501p:plain

まずは、試験のページにアクセスして、サインインします。サインインする際に「JP」というチェックボックスがあるので、そちらを選択すれば、普段 amazon でお買い物する時に利用しているアカウントが利用できます。

f:id:naoto408:20190429112856p:plain

次に、PSI試験の管理を押下し、PSI社の試験管理ページへアクセスします。

f:id:naoto408:20190429113000p:plain

下の方に、ソリューションアーキテクト アソシエイトの模擬試験(Practice)があるので、「受験料の支払い」を押下します。

その次のページでも似た画面がでてくるので、「受験料の支払い」を押下します。

f:id:naoto408:20190429113248p:plain

言語と国を選択してください。

f:id:naoto408:20190429113326p:plain

支払い情報を入力します。私は、研修を受けたのでバウチャーチケットを登録しました。 バウチャーチケットがなければ、クレジットカード情報を入力してください。

f:id:naoto408:20190429113650p:plain

支払いが完了すると試験が受けられるようになります。

模擬試験を受けた結果

結果はいまいちでした。

総合スコア:  72%

トピックレベルスコア:
1.0  Design Resilient Architectures: 77%
2.0  Define Performant Architectures: 57%
3.0  Specify Secure Applications and Architectures: 83%
4.0  Design Cost-Optimized Architectures: 50%
5.0  Define Operationally-Excellent Architectures: 100%

苦手箇所は分かったので、参考書やホワイトペーパーで知識の補強をしていこうと思います。

おわりに

模試を受けた感想としては、突拍子もない問題は出ないな、と感じました。 AWS の哲学を理解した上で、サービスの概要や名前、提供している機能について覚えていれば取れそうです。

あと、たまたま見つけたのですが、Innovate 2019 の動画を見て合格した場合 1,000円分の Amazon ギフト券をもらえるそうです。

AWS Innovate オンラインカンファレンス 認定資格応援キャンペーン | AWS

2019 年 4 月 8 日 ~ 5 月 7 日の期間中、AWS Innovate 2019の対象セッションを視聴後、AWS 認定試験に合格した方に、Amazon ギフト券 1,000 円分をプレゼントいたします。

そろそろ終わっちゃいますが、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 私は、引き続き頑張ろうと思います。